DD方式とNDD方式どっちががオススメ?【メリットデメリット、選ぶ基準を解説】

DD方式 NDD方式

 

DD方式 NDD方式

  1. DD方式とNDD方式の違いがわからないので詳しく教えてほしい
  2. DD方式とNDD方式のどちらを選んで口座開設すればいいか教えてほしい

 

DD方式」と「NDD方式」はFXの証券会社や口座タイプによって変わってきます。

 

このDD方式とNDD方式では、仕組みが全く違い、メリット・デメリットも大きく異なってきます。

 

国内FX=DD方式、海外FX=NDD方式という認識があるかもしれませんが、実は国内FXでもNDD方式はありますし、海外FXでもDD方式はあります。

 

ここでは、DD方式とNDD方式の違いやメリットデメリット、選ぶ基準について詳しく解説していきます。

 

 

DD方式って何?メリット・デメリットも解説

DD方式 NDD方式

そもそもDD方式とは?

 

DD方式とは、「ディーリングデスク」の略で、相対取引とも呼ばれます。

 

トレーダーが注文を入れた際に、証券会社のディーラーが仲介し、それをカバー先の金融機関に注文を通すか、通さないかを決めるのです。

 

DD方式 NDD方式

 

注文を通した場合、トレーダーが利益を出すとFX業者の損失に繋がり、トレーダーの損失がFX業者の利益となります。

 

つまり、DD方式ではトレーダーとFX業者の利益は相反関係にあるということです。

 

実際のところトレーダー側は、それがカバー先の金融機関に注文を通しているのか、通していないのかは分かりません。

 

 

DD方式のメリット

 

DD方式のメリットは、FX業者がトレーダーの注文を通すことで利益を出すため「スプレッドが狭くなる」という点です。

 

FXの世界は9割以上のトレーダーが負ける世界です。

 

ですので、大半の注文をDD方式で通すことによってFX業者は利益を出せるというわけです。

 

FXで米ドル/日本円(USD/JPY)といったメジャー通貨ペアのスプレッドが、限界の0.1pipsに設定できているのはそういう背景があるからですね。

 

 

DD方式のデメリット

 

DD方式には致命的なデメリットがあります。

 

それはディーラーが注文を通しているため、 「トレーダーの損失を膨らませるため、FX業者が為替レートをある程度操作する」ということです。

 

DD方式 NDD方式

 

ほとんどのトレーダーが損切りできるように、ストップロスを設定しています。

 

FX業者はそのストップロスを確認し、一時的に為替レートを急変させ、故意に損切りさせます。

 

これがレート操作(ストップ狩り)なのです。

 

寝ている間にストップ狩りされて、起きたら損失が確定しており、さらに為替レートは元に戻っているという現象がよくあります。

 

DD方式 NDD方式

 

実は、それだけではありません。

 

トレーダーの損失はFX業者の利益になるわけですから、トレーダーの不利になる「スリップページ」が頻繁に発生したり、「約定拒否」など、不正行為をすることがあります。

 

DD方式は、スプレッドの狭さが魅力的でも、不正操作されて資産を失うリスクもあります。

 

 

DD方式はどんな人に向いている?

 

とにかくコストを抑えてFXでトレードしていきたいと考えているのであれば、DD方式が適しています。

 

1日に何十回と「スキャルピング」をするのであれば、スプレッド分が積みあがって大きな差となりますからね。

 

 

NDD方式って何?メリット・デメリットも解説

DD方式 NDD方式

そもそもNDD方式とは?

 

NDD方式は「ノーディリンググデスク」の略で、ディーラーが仲介して注文を通さずに、カバー先の金融機関に直接注文されます。

 

DD方式 NDD方式

 

ただし、NDD方式にも2種類あり、完全に直接インターバンクに注文を通す「ECN」と、FX業者がカバー先に注文を入れる「STP」に分かれます。

 

ECNと表示されていても、本当の意味でのECNではなく、実際はSTPで、単純にスプレッドを狭くし、手数料を別に徴収しているケースも多く見られます。

 

これはECNだと流動性が低く、なかなか約定されないため、トレーダーからの不満やクレームが多く、名称だけそのまま残し、仕組みだけをSTPに変えているからです。

 

NDD方式を深堀して説明すると、少しややこしくなりますので「NDD方式=カバー先の金融機関に直接注文を通す」というイメージをもっていればOKでしょう。

 

 

NDD方式のメリット

 

NDD方式はトレーダーの注文を通すことはありませんので、トレーダーとFX業者の利益が相反関係になることはないのです。

 

そのため、故意にトレーダー不利なスリップページが発生したり、レート操作(ストップ狩り)が行われることもありません。

 

つまりNDD方式の最大のメリットは、 「透明性が高く、安心して取引ができる」という点になります。

 

NDD方式のFX業者は手数料が利益になりますので、より多くのトレーダーに利用してもらい、より多くの取引をしてもらう必要があります。

 

DD方式とは逆に、トレーダーが利益を出して取引量を増やすことで、FX業者も儲かるという「Win-Winの関係」なのです。

 

ですのでトレーダーが不利になるような操作をFX業者はしません。

 

これがDD方式とNDD方式の最も大きな違いでしょう。

 

 

NDD方式のデメリット

 

NDD方式にもデメリットはあります。

 

それはDD方式に比べてスプレッド(手数料)が少し高いという点です。

 

もちろん、これはFX業者によりますので、一概には言えませんが、DD方式と変わらないぐらいスプレッド(手数料)が安いところもあります。

 

 

NDD方式はどんな人に向いている?

 

スプレッドは少し広くても、安心して取引したいトレーダーには、NDD方式がおすすめです。

 

スイングトレードやスワップトレードといった、中長期でポジションを保有し、利食いの幅も広めであれば、スプレッドの狭さなどあまり気にする必要がありません。

 

例えばTradeviewのcTrader口座であれば、NDD方式のECN専用トレードプラットフォームを使っていますので、透明性がとても高く、株式取引のように板情報を確認しながら注文することができます。

 

 

DD方式とNDD方式どちらを選べばいいの?

 

DD方式 NDD方式

 

結論から言うと、おすすめはNDD方式の証券会社です。

 

理由は、上記で説明したように、レート操作などの不正行為をされてしまっては、資産がなくなってしまうリスクがあるためです。

 

もちろん、全てのDD方式の会社が不正操作をするわけではありませんし、不正操作を行わない証券会社だってあります。

 

なので一概には言えませんが、そういったリスクを取りたくない場合はNDD方式の証券会社を選ぶようにしましょう。

 

注意点

NDD方式の証券会社だったらどこでもいいの?って思うかもしれませんが、実はNDD方式でも「STP」を採用していると倒産のリスクがあります。
ですのでそういったリスクを回避するために「ECN」を採用しているNDD方式の証券会社を選ぶようにしましょう。

 

詳しくはこちらの記事で解説しています。

 

 

 

DD方式 NDD方式まとめ

 

DD方式 NDD方式

 

DD方式とNDD方式には、それぞれメリットデメリットがあり、トレードスタイルによって選ぶ基準が変わります。

 

スキャルピングで短期トレードする人はDD方式が適していますし、スプレッドが少し高くてもいいからリスクなく安定的に資産を増やしていきたい人にはNDD方式が適しています。

 

どちらが自分に合っているのかを、改めて考え直してみるのもいいかもですね。

 

 

ペッパーのおすすめ記事


DD方式 NDD方式
DD方式 NDD方式

WトップやWボトムの高勝率手法【ダマシに合わないラインの引き方】


DD方式 NDD方式

プロスペクト理論を学んでFXで勝とう【FXで勝つためのポイント3つ】


DD方式 NDD方式

FXで勝つための練習方法を公開【お金が増えるトレードルールの作り方】


DD方式 NDD方式

FXの成功率と退場率は?自分が破産する確率を出す方法


DD方式 NDD方式

【FXの裏技】相場のボラティリティを測る方法 ※勝率上がること間違いなし


DD方式 NDD方式

FXのプライスアクションは勝てない?ダマシを見分ける方法



DD方式 NDD方式

ペッパーのFX高勝率手法Ver3
勝率80%リスクリワード1:1 プレミアムバージョン


DD方式 NDD方式
DD方式 NDD方式

【FXの仕組み】FXのレバレッジやリスクを理解して投資を始めよう


DD方式 NDD方式

FXの成功率と退場率は?自分が破産する確率を出す方法


DD方式 NDD方式

FX初心者が少額から始めるべき理由やおすすめの証券会社を紹介


DD方式 NDD方式

FXは経済指標を知らないと大損する?重要経済指標のポイントも紹介



DD方式 NDD方式

ペッパーのFX高勝率手法Ver2
勝率70%リスクリワード1:2の聖杯手法を伝授


DD方式 NDD方式
DD方式 NDD方式

DD方式とNDD方式どっちががオススメ?【メリットデメリット、選ぶ基準を解説】


DD方式 NDD方式

国内FXと海外FXの違いを解説【安心して利用できるFX業者の選び方】


DD方式 NDD方式

Tradeview(トレードビュー)の口座開設方法【デモ口座や追加口座も解説】


DD方式 NDD方式

Tradeviewの評価や口コミを徹底解説|魅力を余すことなく紹介


DD方式 NDD方式

XMのボーナスを分かりやすく解説【デメリットや消滅条件も紹介】



TOPへ