【FXの裏技】相場のボラティリティを測る方法 ※勝率上がること間違いなし

FX ボラティリティ

 

FXのトレードを行う中で、以下のような悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか?

 

「FXのトレードをしているけれども、勝率が上がらず、安定的に利益を出せない」
「勝てるようになるには、どうやってチャートを分析すれば良いのか分からない」

 

そんな人におすすめなチャート分析手法の一つが、「ボラティリティの測定方法」です。

 

ボラティリティを測ることで、上昇や下降がどこまで続くのかを把握できるようになり、トレードの勝率が上がります。

 

なお、この手法は単独で使用しても良いのですが、他の手法と組み合わせることでより精度が上がります。

 

また、ボラティリティの測定方法は、トレード時はもちろん、環境認識としても役立ちます。

 

しかし、「ボラティリティの測定」といわれても、具体的にチャート上でどのように分析すれば良いのかイメージしにくいですよね?

 

そのような人のために、これからチャート上でボラティリティを測る方法について詳しく説明していきます。

 

 

ボラティリティを測ることで有利になるメリット2つ

 

ボラティリティを測ることで有利になるメリットが2つあります。

 

  1. 「利益確定ポイントが明確になる」ということ
  2. 「逆張りのエントリーポイントとして分かるようになる」ということ

 

ボラティリティを測ることによって、、AとBの長さがほとんど同じ長さになるということが分かるようになります。

FX ボラティリティ

 

どこで利益確定していいのかが分からないときは、この方法を使うことで、利益確定ポイントを定めることができるようになります。

 

 

また、ボラティリティが分かっていれば、反発を確認して逆張りエントリーすることも可能です。

 

FX ボラティリティ

 

値動きの限界値が分かれば、そこからの反発を狙ってエントリーもできますので、ぜひ活用してみてください。

 

ちなみに、この手法は全ての時間足で使うことが可能です。

 

それでは次に、ボラティリティの測定方法について解説していきます。

 

 

チャート上でボラティリティを測る方法を解説

【下落相場編】ボラティリティの測定方法

 

まずはこちらの動画をご覧ください。

 

【FX裏技】相場全体のボラティリティを測る方法

 

チャートを表示させて、画面全体を大きく眺めて、下落トレンドが続いている部分を見つけましょう。

 

その下落トレンドが続いている箇所をよく見ると、小さな波が上下していることに気が付くはずです。

 

まず、最初の山の頂点から1本の下落へ向かって斜めのラインを引いてみましょう。

 

FX ボラティリティ

 

 

ちなみに、ここでは、MT4に入っている「トレンドライン」という機能を使っています。

 

FX ボラティリティ

 

「ラインを延長」という項目のチェックを外すと、ラインの長さを自由に調整出来るようになります。

 

FX ボラティリティ

 

 

 

次に、今引いたブルーラインの安値に水平線を引きます。

 

FX ボラティリティ

 

 

 

次に、この水平線を割った波の(押し目)頂点にブルーラインを合わせます。

 

※1本目・2本目は同じ長さでラインを引いてくださいね。

 

FX ボラティリティ

 

 

 

そうすると、ちょうど同じ長さで下落が止まって、反発しているのを確認できます。

 

FX ボラティリティ

 

 

 

次も同じように安値に水平線を引き、水平線を割った頂点(押し目)にブルーラインを引きましょう。

 

今回の場合は、一旦上昇して頂点がずれるため、微調整して頂点の位置をずらします。

 

FX ボラティリティ

 

このように、相場は「同じくらいの値幅(ボラティリティ)」でトレンドが継続していくことが多いのです。

 

 

 

 

では、他のチャートでも、やってみましょう。

 

上記で説明してきたように、同じようにブルーラインを引きます。

 

FX ボラティリティ

 

 

 

次に、水平線(安値)を引き、水平線を抜いた頂点(押し目)に合わせてブルーラインを当てます。

 

そうすると、先ほどと同じようにブルーラインの先端で下落が止まっているのが分かります。

 

FX ボラティリティ

 

 

 

こちらは動画で解説しているチャートになります。

 

FX ボラティリティ

 

このように長期に渡る下降トレンドが続くと、おおよそ同じような値幅で下落して反発→下落して反発→下落して反発を繰り返しています。

 

 

そして、下図のように行き過ぎている部分は、時間足を変えることでヒゲになっているケースが多いです。

 

FX ボラティリティ

 

※下図のように日足に切り替えると、ヒゲは飛び出しているものの実体でぴったり支えられているのが分かります。

 

FX ボラティリティ

 

 

上手くラインが当てはまらずに悩んだ場合は、時間足を変えてチャートを見ると良いでしょう。

 

このように、相場は大体同じような値幅(ボラティリティ)で上下に動いているということが分かるはずです。

 

 

 

【上昇相場編】ボラティリティの測定方法

 

それでは、上昇相場のボラティリティも測っていきましょう。

 

基本的には下落相場の反対になるだけで、やり方は全く同じです。

 

まずは上昇の波に対してブルーラインを引きましょう。

 

FX ボラティリティ

 

 

 

次に、高値に合わせて水平線を引きます。

 

この水平線(高値)を超えた波の底(押し目)にブルーラインを合わせます。

 

※1本目・2本目は同じ長さでラインを引いてくださいね。

 

FX ボラティリティ

 

 

 

そうすると、同じ高さで反発しているのが分かると思います。

 

FX ボラティリティ

 

 

 

次の上昇も同じように、水平線(高値)を引いて、水平線を超えた底(押し目)にブルーラインを当てましょう。

 

FX ボラティリティ

 

 

そうすると、同じ高さで反発しているのが分かると思います。

 

FX ボラティリティ

 

 

このように、同じようなボラティリティで上昇しているのが視覚的に分かりますよね?

 

100%同じではないかもしれませんが、おおよそ同じ長さになるのです。

 

 

ボラティリティの測定方法まとめ

 

FX ボラティリティ

 

相場のボラティリティを測ることで「上昇相場や下落相場がどこまで続くのか」があらかじめ把握できるようになります。

 

多少の誤差はあるものの、チャートの動きは大体同じような長さで上昇と下落を繰り返しているのです。

 

ちなみに、行き過ぎているように見える部分も、時間足を変えてみることで上手く分析できることがあります。

 

この方法は利益確定ポイントの設定逆張りエントリーとして使うと相性がとてもいいです。

 

できれば、単独で使うのではなく、他の手法に組み合わせて使うことを推奨します。

 

僕のペッパーの高勝率手法と合わせて使うと、とても相性がいいので、より確実に利益を出すことができるようになります。

 

ぜひ、この記事を何度も繰り返し読んで「ボラティリティの測り方」ををマスターし、FXのトレードで勝てるようになってもらえたら大変嬉しく思います。

 

 

 

ペッパーのおすすめ記事


FX ボラティリティ
FX ボラティリティ

WトップやWボトムの高勝率手法【ダマシに合わないラインの引き方】


FX ボラティリティ

プロスペクト理論を学んでFXで勝とう【FXで勝つためのポイント3つ】


FX ボラティリティ

FXで勝つための練習方法を公開【お金が増えるトレードルールの作り方】


FX ボラティリティ

FXの成功率と退場率は?自分が破産する確率を出す方法


FX ボラティリティ

【FXの裏技】相場のボラティリティを測る方法 ※勝率上がること間違いなし


FX ボラティリティ

FXのプライスアクションは勝てない?ダマシを見分ける方法



FX ボラティリティ

ペッパーのFX高勝率手法Ver3
勝率80%リスクリワード1:1 プレミアムバージョン


FX ボラティリティ
FX ボラティリティ

【FXの仕組み】FXのレバレッジやリスクを理解して投資を始めよう


FX ボラティリティ

FXの成功率と退場率は?自分が破産する確率を出す方法


FX ボラティリティ

FX初心者が少額から始めるべき理由やおすすめの証券会社を紹介


FX ボラティリティ

FXは経済指標を知らないと大損する?重要経済指標のポイントも紹介



FX ボラティリティ

ペッパーのFX高勝率手法Ver2
勝率70%リスクリワード1:2の聖杯手法を伝授


FX ボラティリティ
FX ボラティリティ

DD方式とNDD方式どっちががオススメ?【メリットデメリット、選ぶ基準を解説】


FX ボラティリティ

国内FXと海外FXの違いを解説【安心して利用できるFX業者の選び方】


FX ボラティリティ

Tradeview(トレードビュー)の口座開設方法【デモ口座や追加口座も解説】


FX ボラティリティ

Tradeviewの評価や口コミを徹底解説|魅力を余すことなく紹介


FX ボラティリティ

XMのボーナスを分かりやすく解説【デメリットや消滅条件も紹介】



TOPへ